恥じるべきだが今まで知らなかった103万の壁のこと

今まで無知だったことがとても恥じるべきことだと思うのですが、私は扶養に入っている為年間103万以上稼いではいけないことを知りました。
最近沢山稼げるように頑張っている最中でした。
一年間で沢山稼げるようになればいいなという思いが強かったからです。
そんな頑張っていた時に今更ながら家族から「年間の収入は103万以下にしておきな」と言われました。
正直キャリアアップが出来ないと思うと凄くショックでした。
最初は別に自分で保険料を払えばいいんだから103万の壁に拘らずにどんどん稼いでいきたいと思ったのですが、詳しく調べてみるともし自分で支払うとなると年間収入の3割くらいの額を支払わなければならないということが分かりました。
それを考えると心霊よりもゾッとしてしまいました。
この際キャリアアップするのは今は諦めて103万円以下で頑張るしかありません。
今までも年間100万以上稼いだことはなかったので現状維持をしていこうと思います。

雨の日の車の運転は嫌な事ばかりじゃない。

雨の中車の運転をしています。今まで車を運転することはなかったので、いつも雨の中は傘をさして歩いていました。はねる水に苛立つ顔をしたりしながら、てくてく目的地まで歩いていました。いつもほとんど下を向いています。水溜りにはまらないようにするためです。でも、車での移動は快適です。雨が降っている様子を車の中から座って眺めることができます。空の色を見たり、木が濡れている様子を見たりしています。雨の公園は一層情緒があります。小さい子ども達が傘を差しながら列を成して歩いているのも可愛いです。雨の中傘をさして横断歩道を渡る人たちを見ることもあります。運転に少し慣れてきたので周りを見る余裕が出てきました。真冬になればもっと車内が快適に感じるんだろうなと思いながら過ごしています。確かに運動不足にはなりがちですが、やはり車を一度所有するとなかなか手放すことはできません。雨の日の運転は怖いですが、日焼けもあまり気にしなくていいので少し好きです。http://www.doctoraalisa.com/