痩せたいのに途切れる、うちの旦那の屈強機具ショー

30代も中程を過ぎると、夫も女性も痩せづらく繋がるばかりか、
食べたら食べただけ、きっちりとその証です脂肪がそっちここに貯まって来るよね。
たまたまぼくは昔から、不思議なほど食べても太らない体質で(怒らないで下さいね・・)、
サッパリ減量には無縁のですが、うちの夫は日々お腹周りが大きくなってきて、
何かと試行錯誤して減量に励んでいらっしゃいます。
でもどれもこれも途切れるんですよね、困った実態に。
始める時は、「強要積み重ねるから!本当だから私!」って全力用の目でいうんですよ。
なのでそこまでいうなら、と色々購入したんですが、どれもこれも今は使われていません。
黒人がスパルタ式に活動をさせるムービーとか、倒れるだけで腹筋が望める人とか、
5当たり寝るだけで背中が伸びて痩せ易く変わる人とか、息を吸ったり吐いたりする方が書いてある公式とか、
低周波が胴をぶるぶるさせて脂肪が取り込める人とか・・・。
どれも今は使われておらず、タンスの中や物置で眠っております。
そして夫のお腹は着々と今も育ち続けていらっしゃる。
次に何かねだられたら、こういう集めの中から何れか選んで使ってもらおうかしら。

「阿波おどり『開催危機』の真相を観光協会幹部が激白」のニュースに寄せて

徳島の名物「阿波おどり」が危機的な状況に陥っている、というニュースを見ました。それによると、徳島市が、主催者の徳島市観光協会の破産を申し立てたのだそうです。
「阿波おどり」と聞いて、つい最近の友人とのやり取りを思い出しました。ここでは、そのことについてお話したいと思います。タイトルとは直接の関係はありません。
友人は、関東地方のある音楽ホールで開かれる演奏会への参加を決めています。先日「やっぱり参加するの?」と改めて確認のために尋ねると「出るよ。歌うのは阿波おどりみたいなものだから」との返事。「阿波おどり?あ、そうか“踊る阿呆に見る阿呆”ってアレね!」二人で笑い合いました。
友人と別れてから、しばし黙考。阿波おどりを演奏会に置き換えると、「歌う阿呆に聴く阿呆、同じ阿呆なら歌わにゃ損々…」となる訳ね。ものの見事に歌詞が填まりました。確かに、歌うのは楽しいけど、聴くのは退屈という曲はありますよね。友人が参加する演奏会は、私にとってまさにそれです。自分が歌うのでなければ、聴きに行くのは面倒くさい感じです。
と、「阿波おどり」繋がりでこういうことがあったのです。
本物の阿波おどりのほうは、もちろん踊っても見ても楽しめるイベントだと思いますよ。